ツコウニュース

365留学生を紹介します!

2022.04.20

高校2年生の1年間、地域の高校に留学する「地域みらい留学365」という制度が昨年度から始まりました。都会では味わえない本物の自然や文化に触れ、新たに出会う友達や世代を越えた多くの仲間たちと共に、地域ならではの魅力を肌で感じ、生きた課題に向き合う1年間。こうした経験を通し、その後の高校生活や人生にも繋がるような、「自らみらいを創る力」を育むというものです。この4月からツコウの仲間となった2人に意気込みを聞きましたのでご紹介します!  

 

〇松延さん(神奈川県立鶴嶺高等学校より)

「高校生活でしかできないことに挑戦したくて365留学に参加しました。地域の方とつながるという365留学のメリットを活かして、大人との接し方を学んだり、積極的に行動できるようになりたいです。」

 

〇羽原さん(広島県立府中東高等学校より)

「今しかできないことや津和野でしかできないことを経験したくて365留学に参加しました。1年しかないので、できそうなことは積極的に取り組んでいきたいです。」

                      (文責:桐田)