ツコウニュース

外国人初の甲子園審判スジーワさんとツコウ野球部が交流を行いました!

2018.02.20

2/3(土)、4(日)の2日間にわたり、スリランカ出身で外国人初の甲子園審判であるスジーワ・ウィジャヤナーヤカさんにお越し頂き、ツコウ野球部員との交流や、ツコウ野球部が行うスポーツ少年団への野球教室に特別講師としてご参加いただきました!
野球部は、昨年夏にスリランカの野球少年とテレビ電話にて交流を行い、その後もお互いの練習の様子を写真や動画で交換するなどを通して継続的な交流を行ってきました。そして今回、事前にスジーワさんの活動についての動画等で知り、部員各自がスジーワさんに聞いてみたいことなどを考えて交流会に臨みました。
真剣なまなざしで質問し、話を聞く姿だけでなく、生徒からのリクエストで、スジーワさんが審判を実際にやってくださった時には拍手と歓声が起こるなど、大盛り上がりの3時間でした!
○野球部員の感想を紹介します
●ベースボールではなく、日本の「野球」が好きだと言ってもらえて、日本で野球をしている自分にとって、とても嬉しい言葉でした。勝ち負けに限らず、対戦相手を尊敬できるチームになりたいと思います。
●スジーワさんとの交流会を通して、学べることがたくさんありました。特に印象に残ったのは「チャレンジする人、あきらめない人は応援される」という言葉です。僕もそんな人になりたいし、そういう人を応援できる人になりたいです。スジーワさんのように失敗を恐れずに何事にも挑戦していきたいと思います!
●「辛いことがあっても逃げない。自分に負けない。」スジーワさんから教えてもらったことで一番心に残っています。今、頑張ることが未来に繋がると信じて、スジーワさんのようにジャパニーズスピリットを大切に、強く優しい人間になりたいです。スジーワさんと出会えて良かった!出会いに感謝!!
●「チャレンジしないとチャンスはなく、チャンスがあるからチェンジできる」など、スジーワさんが言っておられた言葉すべてがステキで、勇気がもらえました。スジーワさん自身の生き方や、野球の話などたくさんのことを学べて、自分の生き方も変わりそうな気がしました。
●スジーワさんは、いつも自分が見ている野球とは違う角度や考え方で野球を見ていたので、たくさんの気づきがありすごくためになったし、楽しかったです。一番心に残ったことは「球場の中や普段の生活の中でも、360度いつ誰がどこで見ているかわからない。」とおっしゃっていたことです。だからこそ、人の役に立つような行動や気配りをしていこうと思いました。
またスジーワさんとお話したい!僕たちの練習試合で審判をやってもらいたい!など、たくさんのワクワクの種も生まれていました。
○野球部の桑原監督、山田部長のコメントも紹介します。
桑原監督
●生徒たちにどこかのタイミングで、日本の「野球」について伝えたいと思っていたので、スジーワさんとの交流の機会は最高でした。これからも日本の野球の「心」、独自の野球文化を生徒とともに身につけていきたいと再確認できました。
山田部長
●「野球は出会いの場」と言われていましたが、その言葉通り、スジーワさんとお会いすることができ、日本の野球は教育だということも再認識できた1日でした。今後、指導する際にプレーだけではなく、心がまえからしっかり伝えていきたいと思います。
スジーワさんとの素晴らしい出会い、大変心に響くお話、そして貴重な交流の機会に感謝いたします。
本当にありがとうございました!!
27744898_10214015997181352_641555518_o
28170182_10214110544224969_623816985_o
28080291_10214110582665930_117768545_o
IMG_8149