ツコウニュース

8月1日、津和野町では『つわの鯉・恋・来い祭り』が行われました。

 

お祭りではオリジナルスイーツの販売や、鯉神輿の復活など、

ツコウ生が活躍しました!

 

H27.8.1  鯉みこし 010

 

【鯉神輿が復活!】

鯉神輿は担ぎ手となる若者が少なくなったため10年もの間、

お祭りでも担がれない状態が続いていました。

この状況を打破すべく、お祭りの実行委員会と津和野高校の

コーディネーターが中心となり、ツコウ生による鯉神輿復活を企画。

野球部、柔道部、弓道部から12名もの生徒が参加し、

津和野町内と祭り会場を練り歩きました。

 

H27.8.1  鯉みこし 001

 

気温38度のなか100キロの鯉神輿を担ぐツコウ生に対して、

町民、観光客の方々からアツい声援を戴きました!

 

H27.8.1  鯉みこし 007

 

 

【まめ茶パフェ販売!】

ツコウのグローカルクラブを中心に、オリジナルスイーツ「まめ茶パフェ」を

このお祭りのために企画・製作・販売しました☆

 

IMG_20150805_144638

 

まめ茶パフェとは、津和野の特産品であるまめ茶を使ってパンケーキとアイスを作り、

その上に餡子を乗せたスイーツです。

結果的には、お祭りも、まめ茶パフェも大盛況に終わるのですが、成功に至る長い長い

道のりがあったのです(/_;)

 

 

7月5日 第一回目の試作会が始まりました。

「パフェを作りたい!」という案は出ていたものの、どんなパフェにするかはまだ未定。。。

 

IMG_1108

 

高校生だけで企画、製作を行うということで、ゼロからのスタート。

とりあえず、抹茶の粉を使って作れるアイスとパンケーキのレシピを集めてきて、作り始めました。

しかし、最初からうまくいくわけがなく。。。

まめ茶の茶葉が大きすぎて食べ物にならず、初日はとにかくパンケーキを作るだけで終わりました。

 

IMG_0199

 

実はこの時期、グローカルクラブには

・7月27日の『つわのあかり』(復興祭)の準備。

・7月31日のツコウのオープンスクールの準備。

・8月1日の『つわの鯉・恋・来い祭り』に向けての準備。

 

と大きなイベントが3つ重なっていたのです。。。(*_*;

同時期に3つのイベントをこなすという大混乱状態の中、

オリジナルスイーツを完成させなければなりませんでした。

 

IMG_1502

 

『お客さんに喜んでもらえるパフェにしたい』 と、アイデアを絞りながら頑張っている

生徒の姿を見ていた地域の方々がなにか協力がしてあげたいから、と、

津和野 和菓子処 三松堂さんが「パフェならば、“餡子”を提供したい」とお話をくださいました。

 

また、役場の方から、「高校生だけでは、食中毒が問題になるのではないか。」

と注意されると、地域の方から「なら、一緒のブースで出して、冷凍庫を貸してあげるよ。」と

力を貸してくださる方もおられました。

生徒が頑張っている姿に、どんどん町の人が集まってきてくれて、

そこから自然と協力体制が生まれる、そんな津和野の人の温かさを、

目の当たりにしたように思いました。

 

そして迎えた、祭りの当日。

快晴に恵まれて、気温も30度近く、「ザ・真夏のお祭り」という雰囲気!

冷たいスイーツを売るのに最高の環境でした。

 

IMG_1653

 

当初の目標数は100個。

しかし、なんとそれを上回る118個を売り上げました!!

最後は、アイスが切れて売り切れになってしまうほど。

 

もちろん、片づけも翌朝6時に集まり、しっかりとやり切りました!

 

ここまで、誰一人として愚痴をいうことなく、必死になれる経験をできたことは、

生徒にとって大きな財産になると思います。

学校ではない場所に出ていき、目標を達成できたことで自信にもつながったことでしょう。

作っている姿、頑張っている姿に、大人側もできることをしてあげたいという気持ちに

させてもらえました。

 

企画についてお世話になりました、つわの鯉・恋・来いまつり実行委員会の皆様、

地域の皆様、ありがとうございました!

来年もツコウ生で祭りを盛り上げたいと思います!

 

IMG_1648

 

 

記事作成:魅力化スタッフ 中辻&真倫&Atsuko