ツコウニュース

シリア難民の方とのお話の機会がありました!

2019.10.25

10月8日(火)、1年生の総合的な探究の時間に「伝える人になろう講座(難民編)」と題し、トルコで暮らすシリア難民のゲンワさんとオンラインでお話する機会を設けました。

 

まず最初にシリアと日本の文化の違いやそれぞれの町の状況について話し合い、それから内戦前や内戦中、避難後の生活についてお話を伺いました。事前学習として鑑賞したドキュメンタリー映画(『アレッポ最後の男たち』)でシリアに対し暗いイメージを持った生徒も多かったですが、私たちと同じように笑ったり真剣になったりするゲンワさんとの対談を通じ、そのイメージが払拭されたようでした。

 

数少なくとも難民の避難国となっている日本の市民として、命の安全のために逃れてきた方々に対する姿勢を改めて考える良いきっかとなりました。

 

このような学習プログラムの機会を提供してくださったNa Takallamさんと、プログラム実施に向けた助成の奨学金をご提供くださったQatar Foundation Internationalさんにお礼申し上げます。

 

In Integrated Studies class on October 8, first-year students welcomed Ghenwah from Syria as a guest speaker. The conflict in Syria forced her to flee her home and seek safety in Turkey.

 

Our students were given an opportunity to talk about Syrian and Japanese culture, and past/current situation in Syria as well as her personal experiences. Students listened to her story intently and learned things beyond their imagination.

 

We’d like to express our heartfelt gratitude to Ghenwah for your kindness and such a meaningful time. Also, we sincerely grateful to Na Takallam and Qatar Foundation International for helping us make it happen.

 

74312269_713911065761196_2863871046077906944_n

74632508_255362945404325_6245999895795204096_n