ツコウニュース

ツコウ生と大学生のオンライン座談会を行いました!

2020.12.22

先月11月6日(金)午後に、本校2年生約30名と大学生約30名がオンライン上で、座談会を行いました。多くが高校生1名と大学生1名、または高校生2名と大学生1名で大学生活について対話を行いました。

AENlOcKSM6RUa7T1608271452_1608271464

今年度は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、本校も大学へ直接行っていた訪問が全て中止となっています。その代わりとして、本校進路指導部が主催して、大学生活の実態や学問、大学選びに関して語り合う機会として持ったものです。

 

こういう時期であっても、大学生活や大学での学び、そして受験勉強や探究活動等に前向きな気持ちを持つと共に、具体的な大学生活や大学での学び等についてのイメージが湧くようにしたいとの願いも込められています。

 

当日は、2回のオンライン座談会の機会を40分程度持ちました。それぞれの座談会で、高校生から質問したり、大学生からの説明やプレゼンの後に質疑応答したりという形で行っていき、最後に全体での感想共有などの時間を持ちました。

 

参加した大学生からの振り返りと高校生へのメッセージを紹介します。名古屋大学3年生の竹入悠渡さんは、

 

「このような企画を考えてくださりありがとうございました!ツコウ生が自分で質問を考え、臆せず積極的に話してくれたので、非常に和やかな雰囲気で参加することができました。

 

自分自身も、自分の高校時代の思い出や、自分が抱く価値観を再認識するいい機会になりました。また、今回、今までツコウに携わったことのない大学生を何名か誘ったのですが、全員非常に有意義な時間だったと語ってくれていました。

 

今後も継続的にツコウに携わっていきたいと考えています!大変な状況が続きますが、がんばってください。応援しています!」

 

というメッセージをくれました。

 

また、本校卒業生で島根県立大学3年生の彌政夏美さんは、

 

「2年生からこんなに頑張っている生徒さんばかりで、とても感銘を受けました。私がお話ししたツコウ生は、『自分で何かやりたい!』というよりは、『進路はこう考えてるけど、ほんとにこれでいいのかな?』と思っていて、自分軸をこれから見つけていけるといいな、と思いました。

 

高校生であると、多くの物事に直に触れることが少ないので、仕方ない部分もありますが、生徒さんには是非いろいろなことを経験できる、進路を考えてほしいなと思います。

 

特に、大学生は自由度が高い分、多くの経験ができるので、必ず自分軸が見つかると思います。もしこれから話を聞きたい人がいれば、いつでも機会を持ちたいです。」

 

と感想を貰いました。

 

また、参加した高校2年生2名からの振り返りと感想も紹介します。

 

桐山桜さん「大学生とのオンライン座談会を経験して、自分にとって、とてもいい時間になりました。特に、大学へ進学することの利点や大学生活で大変なことなどが深く知れたのが良かったです。

 

大学生の話を聞き、ボランティアに行く、自分の長所を見つける、今行っているマイプロジェクトなどが大学受験、特に総合型選抜に役立つよと言っていただいたので、自分から積極的に、ボランティアやマイプロジェクトに挑戦しようと思いました。

 

大学生とオンラインで話したことを通して、自分の興味があることを深めたり、何事にもチャレンジして行ったりしたいなど、高校生活でさらに頑張ってみようと思いました。」

 

中島香美さん「私は、今回の座談会に参加する前、必ずしも大学進学志望ではなかったのですが、せっかくの機会なので、多く質問しながら大学のことを知ろうと思っていました。その時の大学のイメージは、『楽しそう』という漠然なものでしかありませんでした。

 

しかし、サークルに入ったらまた新しい自分に出会うことができる、食堂に行けばいろいろな地域から来た人がおり新たな友人ができるなど、大学生ならではの魅力をたくさん知ることができました。

 

また、2回目のセッションでは、お話させてもらった方には、大学受験のことも教えていただきました。どのような学校に行くとしても面接で困らないように、いろいろな経験をしておいた方がいいと聞きました。

 

今から『できること』としてボランティアやイベントに積極的に参加していきたいという気持ちになりました。普段、大学生とお話できる機会はないのでとても貴重な時間となりました。また、機会があれば、是非お話ししたいです。」

 

終了後には、有志の大学生で振り返りを行いました。特に、参加した大学生には、ツコウの卒業生が10名入っているなど大変盛況であり、本校との今後の関わりについても前向きな振り返りをしてくれました。

xaPcHJLV0JrSe0v1608271617_1608271624

今後もツコウは、このような多くの出会いがあるキャリア教育や進路のサポートを続けていく予定です。