ツコウニュース

「JAM the 19th」インタビュー①(美術部編)

2022.06.01

6月12日(日)に開催される文化部合同公演「JAM the 19th」の取材をしました。

今年度のJAMはいったいどのようなJAMになるのでしょうか?

美術部の2年生、多田さんにお話を伺いました!

 

ーJAMに向けた活動の中で感じたことは?ー

 

多田:去年とは違い、今年は新しく合唱部・吹奏楽部・美術部の三部合同でビッグアートを制作しています。今までは絵を描いたり、色を塗ったりするのは美術部だけでしたが、今年は合唱部、吹奏楽部も一緒に作品を制作することで、より三部合同でやっているという感じが高まりとてもいいなと思いました。

 

 

ーJAMを観に来てくださる方々へ、どんなものを届けたいですか?ー

 

多田:今年のテーマはMiracleなので奇跡が起こるようなこと、楽しいと思ってもらえること、来てよかったと思ってもらえること、また来年も来たいと思ってもらえるようなJAMをお届けしたいです。

 

ー多田さんにとって部活(美術部)はどのようなところですか?ー

 

多田:自分の好きな場所です。理由は自分の好きなことであったり楽しいと思えたりするからです。私は絵を描くことが好きなので、絵を描くことができるこの部活が自分の好きな場所だと思いました。

 

ー最後に一言お願いします!ー

 

多田:昨年のJAMとはまた一味違うところもあるので、ぜひ見に来てください!

 

公演の詳細につきましては下記の記事をご覧ください。

文化部合同公演「JAM the 19th」のご案内

 

 

 

◉次回予告

「JAM the 19th」インタビュー② 合唱部編

お楽しみに!