ツコウニュース

「JAM the 19th」インタビュー②(合唱部編)

2022.06.02

 

6月12日(日)に開催される文化部合同公演「JAM the 19th」の取材をしました。

今年度のJAMはいったいどのようなJAMになるのでしょうか?

合唱部の2年生、蟹谷さんにお話を伺いました!

 

ーJAMに向けた活動の中で感じたことは?ー

 

蟹谷:みんなが積極的に準備や練習に取り組んでいて、JAMで頑張ろうという気持ちや、JAMを盛り上げたいという気持ちがあるのが伝わってきました。自分もみんなと一緒に素晴らしい演奏をしたいと思っています。

 

 

ー蟹谷さんにとって部活(合唱部)はどんなところですか?ー

 

蟹谷:私にとって合唱部は、歌うことを楽しいと実感させてくれる素晴らしい場所です。合唱部で歌う曲は難しいものばかりですが、しっかり合わせられるようになればハモっているのがわかって楽しいです。これからも合唱部でいい演奏ができるように頑張っていくことが出来たらいいなと思っています!

 

ー部内で起きたミラクルとは?ー

 

蟹谷:全日本コンクール参加のために多くの助っ人の方が来てくださったこと。

 

ーJAMを観に来てくださる方々へ、どんなものを届けたいですか?ー

 

蟹谷:私は今回初めてJAMに参加するので、練習の成果を十分に発揮し、自分もお客さんも満足できるような演奏を文化部のみんなと一緒に協力して届けることができたらいいなと思っています。

 

ー最後に一言お願いします!ー

 

蟹谷:いい演奏を届けられるように頑張ります! 

 

公演の詳細につきましては下記の記事をご覧ください。

文化部合同公演「JAM the 19th」のご案内

 

◉次回予告

「JAM the 19th」インタビュー③吹奏楽部編

お楽しみに!