ツコウニュース

津高祭で模擬店を出店した生徒にインタビューをしました!

2021.10.08

 9月3日(金)に行われた津高祭の1日目、お化け屋敷や模擬店を出店した生徒たちにインタビューした内容を、報道委員会の深田と下瀬から紹介させていただきます!

 

  ~お化け屋敷~

 

Q1なぜお化け屋敷を開催しようと思ったのか

 

  A小学生に向けて第1回を開催した時に、とても好評だったから。

 

Q2大変だったことはなにか

 

  A会場設営はもちろん、日常生活の中で驚かせることがほとんどないので大変でした。

 

Q3嬉しかったことはなにか

 

  A自分が驚かした時に尻餅をつくほど驚いてくれたことが嬉しかったです。

   みんなが驚いてくれたことでとても達成感がありました。

 

Q4当日のエピソード

 

  Aお化けをしながら弁当を食べないといけない程忙しかったです。

 

 

 

~グローカル・ラボ~

 

Q1なぜ模擬店を出店しようと思ったのか

 

  A例年、自分たちの畑で採れた野菜を使ってイベントを企画していますが、

コロナウイルスの影響で、イベントがなくなり野菜が余ってしまったので模擬店を出すことにしました。

 

Q2大変だったことはなにか

 

  A前日準備です。作っていた商品の数が足りないことが判明して、下校時間ギリギリまで残っていました。

 

Q3嬉しかったことはなにか

 

  A販売前からたくさんの方に並んでいただいたこと。

 

Q4当日のエピソード

 

  A全ての商品が7分で完売したことです。

買うことができなかった方には申し訳なかったです。

 

 

 

~クロダコーヒー~

 

Q1なぜやろうと思ったのか

 

  Aコーディネーターの方から店を出さないかと声をかけられたことがきっかけでした。

 

Q2苦労したことはなにか

 

  Aたくさんの人が来て店を回すことが難しかったです。コーヒー器具のトラブルにはとても苦労しました。

 

Q3楽しかったこと

 

  A店を開くまでの準備期間、みんなで豆を挽いたことです。コーヒーの淹れ方を覚えるのも楽しかったです。

 

Q4やってみてどうだったか

 

  A忙しかったけど、コーディネーターや先生方に「またやってほしい」と声をかけていただいてよかったと思いました。

 

 

【記事を書いた感想】

 模擬店やお化け屋敷を開いた方にインタビューをしてみて、私達の知らないところでの苦労や様々な背景があることを知りました。

模擬店もお化け屋敷も大成功で終わったと思うので、本当に良かったです。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

(報道委員会:深田・下瀬)